株式会社エルシーグランド
11:00~18:00
水曜日
2018年06月19日
ブログ

ナイキSB ブレイザーヴェイパー  着用したサイズ感 (メンズ)

ナイキのスニーカー、ナイキSB『ブレイザーヴェイパー』。
【NIKE】 SB BLAZER VAPOR

昔ながらのクラシックなスニーカーデザインに大きなスウォッシュがあしなわれたブレイザーヴェイパー。

見た目にはAIRなどの文字はなく普通のローテクスニーカーだと思っていましたが、
このブレイザーヴェイパー、クラシックなデザインですが、
なんと踵に衝撃吸収システムである『ZOOM AIR』が搭載されています。

スウェードの風合いや全体のフォルムからはエアが搭載されているとは思わなかったのでなんだか得した気分です。

見た目はクラシックですが、履き心地までクラシックではないということでしょう。

薄型でクラシックなフォルムですが、そういったシンプルだけではない、
スニーカー特有の「やんちゃ」さ、まで感じます。
スウェードのせいでしょうか、それは決して子供っぽくありません。

今回はスウォッシュとソールが白、あとは黒の『ブレイザーヴェイパー』を選びました。

いつもナイキでは27センチを履くことが多いです。
この『ブレイザーヴェイパー』は、自分には何センチがちょうど良いサイズなのか?

早速注文し、履いてみました。

私の足のサイズ及び普段使用の靴下、求めている履き心地 実寸はナイキサイズ表で計測

★以下はどのスニーカーにも求めている共通するサイズ感の好みと履き心地です。
どのスニーカーのブログにも共通して記しています。★



《足の計測》
まずは私の足を実測するため、
ナイキのサイトにあるナイキサイズ表のシューズを参考に計測しました。
計測方法はナイキのサイトにもありますが、
紙を床に置き、かかとを壁に付け、足形を取り、計測します。
詳しくはナイキのサイトをご覧ください。

足囲に関してはアディダスのサイトを見て測定しました。

ナイキ、アディダス共にURLは下記に表示しています。


《足の実寸》
ナイキのサイズ表ですと私の足の長さは実寸で、
ちょうどサイズ表にもある25.4センチでした。

足囲の実寸は23.7センチです。
ちなみに幅は小指の下あたりから足の内側へ定規で測ると、9.8センチです。


《履いている靴下》
計測時の靴下はビジネスソックスを履いています。
普段もユニクロの50色ソックスやユニクロのショートやベリーショートなどのあまり厚くない靴下か、
又はそれより薄い、計測時に履いたビジネスソックス同様の厚さの靴下しか履きません。


《希望するフィット感、履き方》
スニーカーはややフィットする位の余裕がある感じが好みですのでビジネスソックスで丁度よければ他のソックスでも問題はありません。
むしろ若干フィット感が上がるのでより好みになります。
履き心地に求めるものは、
ゆるいサイズのスニーカーを紐をしっかり縛って履くより、
ちょうどいいサイズをやや紐を緩めて履くのが好みです。
脱ぎ履きもそのままでき、スニーカーのフィット感やクッショニングも楽しめるような感覚です。
私はこの履き方が普通です。


《ナイキサイズ表から》
サイズ表を見るとナイキの靴のサイズは26.0センチになります。


では、実際はどうでしょうか?
 

ナイキサイズ表は下記のURLになります。
https://www.nike.com/jp/ja_jp/sfg/mens-shoe-sizing-chart 
アディダスの足のサイズの測り方
https://shop.adidas.jp/running/measurement/

 

実際に履いた感じのサイズ感(ナイキSB ブレイザーヴェイパー)

ナイキのサイズ表からは26センチがおススメのようですが、
今回初めてナイキを購入するわけではないので、これでは小さすぎます。

今回選んだナイキ『ナイキSB ブレイザーヴェイパー』のサイズは、
27.5センチ
です。

結果、27.5センチに行きついたのですが、今回は苦戦しました。
作りがシンプルそうなので最初に履いたのが26.5センチです。

今でこそナイキのシューズは27センチが多いですが、昔は26.5センチが多かったからという理由もあります。
ネットでは27センチから注文しますが、お店などでは26.5センチから試し履きします。

実際のブレイザーヴェイパーですが、26.5センチは、足は入りましたが強めにきつかったです。
すぐにNGだと感じました。

次に27センチを履きましたが、これもダメです。
幅、長さ共に圧迫感を感じます。
紐を大きく緩めようが全く無理です。

予想外でした。

27.5センチにすることはほとんどありません。
ですが、27センチでは足を痛めますので、27.5センチを履きました。
27.5センチは幅、長さ共に求める余裕があり、紐を縛りいつもの欲しいフィット感が得られました。

サイズはナイキのいつものサイズより0.5センチ上の、27.5センチで大丈夫でした。

ナイキSB ブレイザーヴェイパーのサイズ感の結論

ナイキSB ブレイザーヴェイパーのサイズですが、27.5センチを選びました。

先にも申し上げましたが、26.5センチですと、とてもきつく、27センチでもまだ全体がピッタリ過ぎて、きっと足を痛めるであろうサイズでした。


私にとっては27.5センチが正解です。


サイズを選ぶ際は、いつも選んでいるナイキのサイズより0.5センチ上のサイズで大丈夫だと思います。
(下記に私が履いている他のスニーカーサイズを明記します。)


クラシックなフォルムですが、しっかりZOOMAIRが搭載されたスニーカーの『ナイキSB ブレイザーヴェイパー』。

クッショニングもランニングシューズほどではないですが、エアのおかげでとても良好です。

ちなみにエア無しのナイキブレイザーLOWも履きましたが、エアが無いせいか履き心地は全く違いました。

サイズ感も変わらないだろうと思いましたが、27.5を履いたらブカブカでした。

見た目はあまり変わりませんが、中の作りが変わればけっこう変わるものなのですね。

私が履いている他のスニーカーのサイズ

ナイキ(NIKE)

エアマックス95       27センチ

ローシ           27センチ

ナイキSB  
ブレイザーヴェイパー    27.5センチ


アディダス(adidas)

スーパースター       26.5センチ

スタンスミス(ベロクロ)  26.5センチ


プーマ(PUMA)

ディスクブレイズレザー   27センチ
(TRINOMIC DISC BLAZE LEATHER)


コンバース(CONVERSE)

オールスター100      27センチ
(グリーンレーベル別注)


マイナーチェンジがあった場合以上のサイズではないかもしれません。

この記事を書いた人
鶴見 英之
arrow_upward