株式会社エルシーグランド
11:00~18:00
水曜日

空室対策『情報の囲い込み』を無くし、物件をコンテンツ化し、多数の内見を獲得できる、 仲介(客付け)を外注する管理会社のメリット

管理をやる不動産業者は多くあります。それこそ星の数ほど。

その中でもエンドユーザーの集客に力を入れていない管理専門の会社があ ります。

この限りではありませんが、

例えば駅前に店舗が無かったり、

店頭に募集図面がなかったり、

ビルの中にありお店という感じではない管理会社もあります。

沢山のエンドユーザーをさばかない管理会社です。

そのような客付けが不得意な管理会社でもメリットがあります。

では、どうメリットがあり、どう物件を成約させているかというと、

元付け業者に徹し、客付け業者様に物件のご紹介をしてもらっています。

 

■情報の囲い込みは大家様にとって含み損を抱えたようなもの

元付けに徹しているような会社に管理を委託するメリットは、

『物件を囲い込まない』ことです。

両手欲しさに自社だけで囲い込むことはありませんということです 。

物件の囲い込みとは、
自社で両手が欲しいために物件情報はネットなどに掲載されていても、

・「申し込みがある」、
・「もう決まった」、

などの理由で他社に紹介しない事です。

これは空室を無くすにあたり、物凄い機会損失です。

大家様にとってはただの嫌がらせでしょう。

 

■元付に徹している

元付けに徹している管理会社が物件を囲い込んでも、

エンドユーザーの集客に力を入れていませんから一向に客付けできません。

エンドユーザーの集客にリソースを注いでいないのです。

ただの元付ではなく、元付に徹することを大事にしています。

成約のためには、
エンドユーザーの集客よりも大家様の物件のストロングポイントの可視化に重点を置き、

多くの客付け業者様にアピールして頂くような情報提供やその方法 にこだわっています。

そして全ての業者様に対してオープンです。

1社か2社、 又は数社の集客を頼りに空室を埋める時代はとうに過ぎました。

物件をコンテンツ化し、どう情報を発信し、 どう情報を提供しているか。
(例えば内覧会などで繋がりを作る努力をしているか。などなど。 )

多数の業者様に紹介していただくことにより内見の機会を増やし、
成約をもぎ取りましょう!

 

■イメージの良い会社

あと管理をお願いする会社にはオープンなイメージがあると尚良い でしょう。

他の業者に≪どうせ囲い込んでそう≫ というイメージを持たれないことが大事です。

悪いイメージがあると電話すらされない場合があります。

物件を紹介しやすい管理会社、電話対応に好感が持てる管理会社、入居審査が迅速な管理会などなど。

物件の優良なハブになる元付業者様を選ぶ必要があります。

自分の物件に機会損失はないか、改めて検証しましょう。

 

この記事を書いた人
鶴見 英之
arrow_upward