株式会社エルシーグランド
11:00~18:00
水曜日
2017年08月12日
ブログ

ソニーレンズ SEL50F18

ソニーのレンズ SEL50F18を買いました。

普段は広角レンズでお部屋や建物の外観を撮っていますが、日常使えるレンズが欲しくなりました。

ボケを楽しみたいのと、なるべく明るいレンズで暗いところでも便利に使いたいので選びました。

広角レンズとキットレンズ以外では初めて買うレンズです。

カメラはもちろんソニーの「NEX5T」です。

早速使ってみました。

 

旨そうに撮れます!!

焼肉屋さんで食事でした。

生ビールです。

ちょっとピント合ってないですね。寄りすぎたかもしれません。

確か、スペックでは最短距離は40センチほどです。

キンキンに冷えたジョッキですが、雰囲気よく撮れてると思います。

サラダとサンチュ。

美味しそうに撮れますね。

実際美味しかったのですが、瑞々しさやシャキッとした感じが上手く撮れました。

 

 

切り取る感覚がここち良い

タン塩です。

このレンズで新鮮だったのは画角ですね。

よく使うズームレンズでは味わえない切り取り感があります。

このSEL50F18は、珍しい画角らしく離れていてもややタイトに切り取ります。

タイトという表現はあってないかもしれませんが、『写したいものだけを写す』、

『伝いたいものだけを伝える』そんな感じです。

 そういった切り取る感覚がとても心地良かったです。

『写真』を楽しむ(^^ゞ

上は使い方がまだよくわからず、前方部分がよくボケてしまった写真です。

でも思っきりボケてくれました。

ホントに写真って面白いですね。

撮り方でこんなに変わります。

撮っている方もウキウキしてきます。

こうやってレンズ沼にハマっていくんでしょうか。

 

美味そうに撮れた!!

今回はよくわからないので全部オートでとりました。

今度は絞りをいじったり、三脚つかってシャッタースピードを変えたりして楽しみたいです。

 

毎日持ち歩きたい相棒

明るいレンズなので、街並みも撮ってみました。

この先良い相棒になってくれそうなレンズです。

カメラを変えるよりレンズ変えたほうが写真は楽しめそうですね。

私はどちらかというと写真よりカメラが好きです。

メカが好きなんです。

ですが、こんなレンズを楽しむと写真をもっと撮りたいと思います。

地面を撮ってもなんか感じが違うような気がします。

私だけかもしれませんが・・・。

今後は逆光で何かのシルエットを写したりしたいです。

ソニーのSEL50F18、オススします。

参考になれば幸いです。

おしまい。

この記事を書いた人
鶴見 英之
arrow_upward